読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニコトの釜戸

気になるコト、モノを綴る雑記です。

キズナイーバー6話感想(ネタバレ)牧穂乃果を救え!チームミッションと動揺するレアな園崎

f:id:watox:20160518231729j:plain

 

キズナイーバー6話を観ました。

 


前回

 

okrap.hatenablog.com

 

 

6話 あらすじ

 

夏合宿で体の痛みだけでなく心の痛みまで

共有するようになったキズナイーバーたち。

 

すこしずつ一緒に過ごす時間が長くなっている彼らだったが

未だに一線を引いた様子の穂乃香が気になっている仁子。

 

そんな穂乃果の前に編集者の男が現れる。

 

彼女はかつて

2人組の中学生漫画家「シャルル・ド・マッキング」の一人で

相方の少女を亡くしていたのだった。

 

公式サイトより

 


もうすっかりメンバー仲良しです。


ルマンドの次は素麺パーティーです。

由多以外は全員います。牧がいるのが意外です。

 

天河も言ってましたが

牧もなんだかんだ来てくれますよね。

 

「は?私はパス」とか冷たく言い放ちそうですから。

 

でも、それは勝手な思い込みの

イメージなのかもしれないな。

 

みんなで素麺とか、こいつらリア充 過ぎる。

頼むからキズナーイーバー志願させてくれw

 

前回から心の傷も繋がったのですが

その引金になったのは千鳥の想いですよね。

 

千鳥のはサイバイマンレベルw

とか言われてたけど相当強い想い(重い)だったんでしょう。

 

あと、考えまでは悟られないので良かったですね。

 

あくまで痛みの共有だけで。
考えている事まで共有する事になったら壊れるでしょう

 

ちなみに日染は心の痛みは

肉体の痛みの様にエッジが効いてないから嫌だそう。

 

何だそりゃwやっぱ変態です。

 

天河は何も考えてなさそうだから大丈夫だよね

みたいな発言あるけど全然分かってないなぁ。

 

あんな奴こそ超ナイーブだったりするのに。

あの後ろ姿キュンとしますよ!!

 

牧の正体は漫画の原作者だったんですね。

 

ってかこの漫画普通にクオリティー高いですね。

このまま実際に売り出してもイケるんじゃないか!?

 

内容はひと昔前にケータイ小説とかで流行ったようなやつだがw

 

中学生の覆面作家ってあれですね

clarisみたいな感じ?

 

この牧の友達だったルルって子は危ない奴だったのだろうか。

うん、危ないな唐突に死のうとするし、気が気じゃないわw

 

それとも牧が呪縛でイメージを作ってしまっている?

 

分かりませんが辛い過去なのでしょう。

 

なんとなく2人を観ていて連想したのは

伊藤計劃の「ハーモニー」って作品。

 

 

 

 

 

 最初の回想シーンの背景がキラキラと光っていて印象的でした。

この作品は背景がめちゃくちゃ綺麗なんですよね。

 


ニコとルルをダブらせる牧(私バカだから〜発言)
今後この正反対の2人が本当に友達になっていくんだろうけど

素敵っすね。

 


そして、編集者の男。

 


お前か!

合宿中に電話してきたやつ!おかげで牧さんの風呂シーンがなく

ホラーシーンになったじゃないか!クソ野郎!

 

とか思って観てたら由多氏が股間を思いっきり蹴ってくれたので
溜飲が下がりました。あれは痛い。ヒィッ…

 

由多ぁ…そこは勘弁してあげろよ…

 

この編集者もデカいビジネスだからいきなり土下座したりと

なりふり構わず契約?とりたい気持ちは分かるけどさ。


大人の事情で子供を振り回しちゃダメでしょう。

嫌がってるんだからダメ!

 

そして今回のミッションです。

 

<牧穂乃果を救え>

 

って事で学校でテレビの取材やドキュメンタリー製作会社にからまれている
牧をメンバーが救うのですが、かなり良かった!

 


天河は腕っぷしに自信があるので、てめぇどこのもんだ系ですw

 

由多は冷静に理論的に取材班達の非を責めていく。

 

そして日染はさすがトリッキーです。

取材班の様子をスマホで撮影してネットでアップすると脅します。

 

各々が得意な事で牧を救う。

 

このチーム感最高です。

 

しかし天河の発言(牧を救ったのはミッションだった事)

で牧は走り去ってしまう。

 

これが天河が脳筋DQNとか言われる所以なのかw

 

牧はメンバーが来てくれたのが少し嬉しかったのでしょうか

でも結局はミッションだからなのねって走り去ったのか。

 

分かりませんがこの走り去っている時の

「空と雲」が物凄い切ないんですよね。

 

思わず泣きそうになってしまった。

 

もしこの心の痛みを共有出来なかったら

相当な痛みだった事がメンバー達も分かり

牧の抱えている痛みを想い皆しんみりします。

 

この時のメンバーの立ち位置とか構図が完璧なんだよなぁ。

 

牧を追いかけようとする千鳥を無言で制止する由多。

これはカッコいいですね。

 

由多は完璧イケメンみたいになりつつあってなんか腹立つなぁw

 


今回のミッションやら映画化の件など一連の流れを仕組んだのは

園崎なんじゃないかとメンバーで話合います。

 

一人、勝平は教会でピアノを一心不乱に弾いている園崎の所へ行きます。

このピアノの曲なんかいいですね。癖になります。

 

園崎は勝平に「怖い顔をしていますね」などと言うのですが

どこがだwいつもと同じで全く変わってないように見えるんだけどw

 

「私の行動が麩饅頭(ふまんじゅう)ですか?」などと

園崎も真顔で訳の分からないギャグをぶっ込んできますが

 

勝平は華麗にスルーw

 

なんとも激しい攻防戦です。

 

勝平は「正直、軽蔑しました」みたいな事を言いました。

あぁ…言っちゃいました。

 

なんと、その時に園崎がビクッてなるんですよね!

ほんと一瞬ビクっなんですよ。

 

と、言うわけで

はいー動揺したーのりちゃん負けー

 

「あなたからそこまで強烈な言葉が出るとは思いませんでした」

 

視聴者には園崎の後ろ姿しか写ってないのですが

勝平の言葉の後、どんな表情だったのでしょうか

気になります。

 

でも本当はこんな事やりたくないのに任務?

で仕方なくとかだったら悲しいですよね。

 

園崎がインシュリン注射みたいな事してたのも何だろうか。


次回は牧の友達であるルルの家へ行ってみるみたいです。牧の告白である

 

「私、人を殺したことあるの」などの謎や過去は分かるでしょうか。

今回と次回は牧のメイン回ですね。やったー!

 

それにしても安定の面白さです。次回も楽しみ。