読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニコトの釜戸

気になるコト、モノを綴る雑記です。

甲鉄城のカバネリ4話を観た(ネタバレ) 神回のお手本の様な神回でした。

f:id:watox:20160505231951j:plain

 


甲鉄城のカバネリ4話を観ました。

 


前回、生駒が菖蒲を遅い無名が血をくれと村人を襲う?所で終わりました。

 

 

okrap.hatenablog.com

 


いやぁ、1週間長かった。あの終わりで次回が気にならないわけないです。気がつくとカバネリの事を考えてしまっていました。もはや恋です。

 


さて、今回の4話は劇場で先行上映したらしいですね。それはいいんですけど、ネタバレはなるべく避けようと情報を遮断していたので内容とかは分からないままなのですが、評価のネタバレは入ってきてしまいました。

 

自分の中でハードル等を上げる事なく公平に判断したかったので残念です。

 

でも、しょうがないですよね。

 

嫌ならネットを繋がらない様にしろって話ですからね。

 

で、色々な所で聞いた評価だと、「これは凄い」「これは神回だ」「マジやばい」って事らしいです。うーん。簡単に神回とか言うの好きじゃありません。

 

ふ、踊らされてるだけなんじゃねーの。

 

神回とかさー、なかなか無いから!

 

あちゃー劇場の雰囲気に飲まれちゃったかw

 

 

なんじゃないのかと。

 


そしてぼくも今回4話を観ました。 ハードルは上がっている状態なので「どんなもんよ?ぼくは簡単に神回なんて言わないぞ、フン。」と思って観ました。

 

 

そんなスタンスで観終わったのですが…

 

 

神回でした!!!

 

 

すいません、皆さんが正しかったです。今回の4話ハンパない。

 

 

これは、間違いなく神回ですよ(興奮)

 

 

1話〜4話も相当、面白いのですが(特に2話)今回の4話は特に良いです。次の次元に行きましたね。ほんと凄い。もう1時間ぐらい長くして劇場版としてやっても良かったです。って今回の4話は劇場で先行上映してるんですもんね。なるほどなぁ。くそ、行きたかった!大画面で観たかったです。

 


さて、前置きが長くなってしまいましたが感想です。

 

 

血の欲しさに我を忘れた生駒が菖蒲を襲う寸前で、剣士が生駒をぶん殴りセーフ。

 


生駒は「俺、噛もうとしてた?」と正気に戻ります。気付いたら自分を失って噛もうとしてるとか嫌すぎる。

 


そんな事をしていると、いつの間にか甲鉄城が、カバネに囲まれています。
ハンパじゃない数です。無数に赤く光ってるのが不気味すぎる。

 


まだ、直ってないのに甲鉄城を動かして脱出。この時にかかってる音楽がカッコイイ。

 


いきなり菖蒲の横乳。唐突なサービスショットです。

 

 

話に集中出来なくなるから止めてほしいw

 

 

噛まれてないか確認しただけでした。「おまんじゅう食べたいな」とつぶやく菖蒲が可愛い。

 


菖蒲は今回の事態の責任を問われ、このまま甲鉄城を任せられないと言われ、親鍵をとられてしまう。

 


村人たちはカバネリが乗ってるからカバネを呼んでしまったと言いいます。

 

カバネリ達に助けられた事は忘れてみんな冷たいです。まぁ、みんなパニックですからね。実際、狂ってしまう状況なので仕方ないのだろうか。

 


リーダー風の新しい奴が、さっそく進路を山越えに変更する様に運転士に言う、目指す金剛郭の近道だからとの事。

 


山越えは左右に高地が多くカバネに浸入される危険があると菖蒲は反対するのですが聞き入れてもらえません。

 

 

もう嫌な予感しかしないです。

 


生駒と無名はカバネリだという事で別の車両に閉じ込められました。

 

まぁ、血を吸わせろだの生駒に至っては菖蒲を襲ってしまってますからね。しょうがないかも。

 

お前らも仲間だろと言われた逞生、巣狩、鰍も閉じ込められる。

 

逞生は生駒の武器であるツラヌキ筒を持ってきてくれました。ほんと逞生GJ!

頼りになるマイメンです。

 


何やら外で物音がすると思ってたら生駒達の車両を切り離そうとしていました。カバネだらけの場所に捨てていくつもりです。

 

何て奴らだ!ひどすぎる!

 

しかしトンネルに入る直前でカバネが「ヒャッハー!待ってましたぁ!」とばかりに上から飛び降りてきて甲鉄城に乗り込みます。

 

 

車両を切り離そうとしてた奴らザマァwwwカバネGJ。

 

 

この時にカバネが飛び降りてくる所がジョンウー作品ばりのスローモーション演出なんですが何か笑えましたw

 

 

容赦なく襲いまくるカバネ軍団

 


1話の様な地獄絵図が再び。狭い車内では逃げ場もないので殺されまくる村人たち。惨すぎますね…

 


そして今回新たなカバネであるワザトリという闘い慣れしたカバネが登場。今までのカバネとは全く違う素早い動きで剣術を使います。しかも二刀流。強い。きっと人間だった頃は相当な使い手だったのだろう。佇まいもちょっとカッコイイ!

 

とは言えカバネです。鮮やかな剣術で女性に刀を突き刺して殺したまま、血をすすっている。エゲツないなぁ。

 

 

生駒の前で繰り広げられる惨劇。5年前の事がフラッシュバックします。

 

しかし生駒の心は折れない!

 


生駒「行くぞ無名。俺たちであのワザトリを倒す」

 


無名「うん」

 

 

この何でもないセリフで、何でこんなあがるんだ!生駒かっこよすぎる!

 

 

熱望していた生駒と無名のタッグがいきなりきました。ヤッター!

 


ワザトリを倒すために整備用のハッチから出て上からワザトリがいる所まで向かう作戦で行く事になりました。

 


どんどん浸入するカバネ。

 


来栖は菖蒲にここは危険なので自分達に任せて下さいと言うのですが、菖蒲は先陣きってカバネを食い止める為に後方車両に向かうと言う。漢気です姉御です!こんな人なら仕えたいよね。菖蒲、いや菖蒲様の武器は蒸気弓矢?カッコイイ!!斬新です。

 

 

来栖も接近戦だ!と言って刀をとりカバネを次々と倒していきます。

来栖強い!カッコイイ!!

 

あと、若い侍?がいて「菖蒲様、私も武士のはしくれです」と言って大量のカバネと共に自爆したり、みんな必死です。

 


しかし次々とカバネがくるのでキリがありません。しかも先程のワザトリがきてしまい次々とやられる仲間や村人たち。ここ絶望感ハンパない。

 

 

一方、生駒と無名は整備用ハッチから外にでました。しかしトンネルが出たり入ったりするので無名が得意な空中戦などが出来ないし、首が吹っ飛ぶ危険性があるので、トンネルが長く途切れる所で勝負する事になりました。

 


無名「思ったより限界が近い。その時は1人でワザトリと戦える?」

 


生駒「やるしかないだろ!」

 


また明日からの生活で使えるシリーズきました。生駒すごい。ぼくも「やるしかないだろ」精神でツライ事を乗り越えていきたい。

 


無名も「そう言うと思ったけど」と認めている様子。なんか嬉しそう。ずっと1人で戦ってきたんだろうな。そして鰍とも友達みたいになった。

 


トンネルを抜けた所でいざ生駒と無名タッグで前方の車両を目指します。

 

 

生駒ー!がんばれー!と友達の逞生も応援します。

 

 

こっからもうノンストップですw

 

次々と襲撃してくるカバネを物凄いテンションで倒していく。無名の空中戦も軽やかで観ていて気持ち良い!

 


この時の音楽も良い!ってかこの作品は音楽が良すぎるわ。サントラ絶対買います!

 


「遅い、無名よりずっと」

 

先日、無名に鍛えられた特訓の成果が、いきなりきました。冷静にカバネの心臓に武器を打ち込んでいく生駒。

 

 


結局、無名は限界がきてしまったので生駒とワザトリのタイマン勝負になりました。

 

 


眠る無名を落ちない様に縛り安全帯を引っ掛けて準備オーケーいざ決戦だ!と言う所で、生駒も限界がきてしまいました。肝心な時になんだよもう!生駒!

 


ついに…菖蒲や来栖がいる所にも先程のワザトリがきました。絶望感ハンパない

 


来栖 vs ワザトリ

 


ワザトリの一撃をとめ、打ち合います。ワザトリも強いですが来栖も強い!まさか、こんな強かったとは。来栖の猛攻でワザトリを追い詰め心臓を突き刺したと思ったのですが金属皮膜で守られていたので刺さらず、逆に反撃されて腹を刺されてしまいました。

 


来栖ーッッッッ!!!


と深夜なのに叫んでしまったw危ないw

 


一方の生駒は「俺が守る…俺が倒す…」と気合だけで起きてる状態。

 

もうフラフラですw

 

俺が倒すから誰でもいいから血をくれ!と叫ぶ生駒。

 


菖蒲がハッチを開け小刀で腕を切り生駒に血を与えました。この時、ちょうどトンネルをぬけて明るくなるんですけど光が射していたりと良い演出です。神々しい。

 


「これは契約です。私の血と引き換えに生駒戦いなさい!」

 


菖蒲の指先から流れる血を飲む生駒!

 


なんだこれ!なんて美しい描写なんだ!

 


何かに目覚めそうだw

 


菖蒲様の血を飲んだ生駒は完全復活しました。血を飲んだ後、心臓の鼓動が強くなる描写が観ているこちらもアガります。

 

 

「動きが大きすぎだな」


全然なってないぜ!とワザトリに裏拳をかます生駒w強すぎです。

 

裏拳ってw


倒れたワザトリの心臓にツラヌキ筒を一発ブチ込んで終了。

 

あっという間に倒してしまったw

 


みんなで右手を挙げて六根清浄と連呼しながらガッツポーズ。

 


最後、赤ちゃんが笑ったのが印象的でした。赤ちゃん今度は助かって良かった。ってか脚本うますぎだろ。ここに繋ぐのか。

 

 

これ劇場で六根清魂!六根清魂!ってみんな言ったのかな。参加したかった!!ぼくもテレビの前で思わずやってしまいましたよ。たまにパシフィックリムとかマッドマックスで「絶叫上映会」やってますよね?カバネリでもやりましょうよ!

 


今回、神回です。もう盛りだくさん過ぎてヤバいです。熱いです。

 

生駒、無名は当り前ですが全員に見せ場ありました。限られた時間でここまで全員の見せ場があるのも凄い!前線で戦う連中も、戦わないでサポートする連中も全員に見せ場があった。もう今回で第一部「完」でもおかしくない勢いですよ。

 


ちょうど無名が眠くなって生駒が戦う事になったのも、うまいです。無名だったら楽勝だったかもしれないですしね。脚本見事だなぁ。

 


今回のボスの二刀流ワザトリが良かった。やっぱ敵やボスキャラもあれぐらいインパクトないとね。実は生きてて、今回の件で生駒を恨んで執拗に追いかけてくるとかないかな、ないよな。良い敵なのに、もったいない!

 


最後の車両の外に集まったメインキャラ達のカットがホッとします。みんなもう仲間ですね。

 

すいません、あまりに熱い回だったので変なテンションで書いてしまいました。お見苦しい所がありましたら申し訳ありません。

 

 

ってか鈴木さんいないけど、大丈夫だったのか!?

 

 

 

もう本当に劇中の音楽が良すぎます。

今の所、全部すき。

 

 オープニングもヤバい。かっこよすぎます。

脳内リピート再生しまくりです。

 

 エンディングもいい!って全部じゃねーか!

この曲も素晴らしいんですよね。