読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニコトの釜戸

気になるコト、モノを綴る雑記です。

迷家ーマヨイガー4話感想(ネタバレ)2話と3話を見逃してるので全く役に立たない記事です。

f:id:watox:20160504160054j:plain

 

迷家の4話を観ました。

 

 

初回は観たのですが2話、3話と録画を失敗してしまいこちらの続きです。

 

 

okrap.hatenablog.com

 

 

初回を観た時に、けっこう面白そう!これは当たりかも!と感じたので畜生ショックが大きかった。2回も録画をミスるなんて本当どうかしてるぞ…

 

 

そもそも放送する時間帯が遅いからタイムリーに観れないんだよ!(逆ギレ)

 

 

初回では村の入り口まで着いた所で終了だったんですよね。

 

 

 

そして今回、4話です。

 

 

 

さすがに話が進んじゃってるだろうと危惧していたら案の定でした。「よっつん」がいなくなってしまったとの事。

 

 

 

ちょwwwもう、1人脱落!?

 

 

よっつんって誰よ?と思ってたらフリースタイルで自己紹介していたラッパーの人でした。迷家に出てくるキャラクターは人数が多くて覚えるのが大変です。公式ガイドブックとか出てるんで買おうかな。

 

 

よっつんけっこう好きだったのに!なんか良い奴っぽいので生きててほしいなぁ。

 

 

4話は「よっつんの川流れ」ってタイトルです。何なのよこのタイトルw狙ってるのか、笑わせようとしてるのかw

 

 

 

結局、今回のタイトル「よっつん」あんまり関係ないじゃんw新しいミスリードのやり方だなこれ。

 

 

 

とりあえず2話分を見逃してしまったけれど、まぁ、どうにか追いつけそうです。こっからは途中乗車して、ぼくも最終回まで村で滞在したいと思います。

 

 

 

しかし伏線とかは逃しちゃったんだうなぁ。あってもスルーしてただろうけどw

 

 

 

会話から推測すると

 

 

・村にはどうにか着いた

 

・村はつい先日まで人がいた形跡があるのに今は誰もいない

 

・よっつんが川に流されて行方不明になってしまった

 

・ジャックを閉じ込めている?

 

 

川に入って、よっつんを探していると、クマ?獣?の声が聞こえます。テンパるツアーの参加者たち。初回でハンパじゃない狂犬DQNっぷりを発揮していたヴァルカナさんがリーダーっぽく振舞っています。というか意外にも頼りがいある!見るからに嫌な奴より真の悪は別にいるってパターンなのか。皆が帰ろうモードなのにヴァルカナさんは、もっと下流を探しに行くんだと言っています。ヴァルカナさん熱い奴なのか!?

 

 

村に戻り皆で先ほど聞いた獣の声について話合っています。皆色々な事を言っています。「熊というよりアシカみたいな声だった」とか「人の声っぽかった」とか「何かの警報みたい」とか皆、不気味な事を言っています。ホラーっぽい。

 

 

光宗は初回でゲロをはいてしまった不思議系ヒロイン aka ゲロインのマ真咲の事が気になっている様子。また光宗ってのはハンドルネームじゃなく本名だという事が判明。はじめて光宗って名前を褒められたと喜んでいる。え、光宗って名前普通にかっこよくね?ありきたりな名前のぼくからすると羨ましすぎます。

 

 

ちょっと獣の声が近づいてきたので恐ろしくなってきたツアー参加者は村に残る派と下山する派で別れる事になりました。下山派が降りた所で警察を呼ぶとの事です。

 

 

もうほとんどが恐れて下山するというので、残る人だけ挙げます(書くのがめんどくさいだけ)意外にも光宗の友達であるイケメンの颯人も下山してしまいました。

 

 

・光宗(真咲が好きだから残る)

 

・真咲(ゲロ。留まるより降りる方が危ない。だから残った方が良いので残る)

 

・ヴァルカナ(狂犬。絶対よっつんを見つけ出す)

 

・リオン(フード。みんなと同じ理由)

 

・熱帯夜(エロ女。ヒール履いてきたから下山無理)

 

・ドザエモン(ニート。歩くの嫌だから)

 

ソイラテメガネ女子。よっつんが心配)

 

・ダーハラ(主催者だからね)

 

・こはるん(主催者みたいなもんだから)

 

・運転手(バスの運転手)

 

 

残る派の真咲は「何か嫌な事が起こりそう」とか言ってるけど、絶対知ってるだろ教えてやれよ!って感じです。あと、いつもフードを被っているリオンも知ってましたね「誰も死なないよ」みたいな。

 

 

下山派のリア充のメガネの美影ユラが「そもそもこのツアーが怪しくないか?」みたいな事、今更言っています。視聴者の全員が思ってる事を今更、代弁してくれました。そして「こはるんが怪しい」とヴァルカナに忠告します。ヴァルカナは「ダーハラ」が怪しいと思っている様です。やっぱあの2人じゃねーかwでも、これはたぶんミスリードですね。

 

 

あとニートのドザエモンが「ぼくたべる人』みたいな昔、差別的だと問題になったCMを想起させる様な発言をしてメガネ女子ソイラテに笑顔で「出された料理食べるだけとか、許されると思ってる?」みたいな事を言われてて爆笑しましたwここ最高ですねw

 

 

「わたし作る人、ぼく食べる人」

 

 

何やらバスの運転手は探し物をしている様子。問い詰めると「10年前に死んだ娘だ」と言う。うーん、嫌な予感です…

 

 

 

さて、下山派を待ち受けていたものは…遭難でした。ベタ過ぎるだろw

 

 

にゃんたというサバゲー女子がスプレーで、木に印をつけながら歩いていきます(1から100ぐらいまで)やっと100ぐらいまできたと思ったのですが、先ほど印をつけた8番に戻ってしまいました。磁石は合ってるはずなのに!さっそく超常現象発生です。

 

 

獣の声がどんどん近づいてきてパニック気味になる下山派達。「固まって歩かない方がいい。5人固まってると一気にやられるけど、1人だけなら最小限で済むので他の人はその1人が襲われている間に逃げよう」とか怖い事を言っていますw

 

 

氷結のジャッジネス君が、いきなり何かを発見して悲鳴をあげました。ちょっと離れた位置にジャックが立っていました。あまりに驚いたジャッジネス君はそのまま足を滑らせて崖から転落。死亡!?

 

 

さらに下山していく一行。しばらくするとサバゲー女子のニャンタが直感で「ストップ」とみんなに言います。そこは崖でした。地図にも崖は記載されていなかった為、あのままみんなが歩いていたらthe endでした。サバイバルにも精通しているしニャンタいい仕事するわ。

 

 

崖から下を見ると近くに線路があり、これを辿っていけば帰れるはずだって事で歩いていくと不気味なトンネルがありました。もう嫌な予感しかしませんねw

 

 

とりあえずトンネルに入っていく下山派の先行組。しばらくすると物凄い形相で悲鳴をあげながら戻ってきました。どうしたんだと聞くと

 

 

 

「でっかい、でっかい光宗がぁぁぁ」

 

 

!?

 

 

巨大な光宗?

 

 

なんと、これで4話が終わってしまいました。

 

 

シュール過ぎる終わり方だろw

 

 

もう先が全く読めなくて面白すぎますね、迷家。これは次回が楽しみすぎます。ただ、バスの運転手の10年前に死んだ娘とか言ってましたけど、バスの運転手もグルというか単なる雇われじゃなかったんですね。

 

 

この村は死んだ人間が帰る場所みたいな感じなんでしょうかね。

 

 

黄泉の世界みたいな。そうすると迷家は今後オカルトっぽくなっていくのだろうか。それだと何でもあり系になるから微妙なんだよなぁ。それとも拉致された人が暮らす村みたいな感じだろうか。

 

 

あと、ちょっと気になったのが下山してる時に颯人が女性(マイマイ)と話てる時に「あいつ(光宗)の事、何も分かってないな」とか言ってたのも気になりますね。光宗って実はヤバい奴なんじゃね?って。色々な所に伏線っぽい所があり後で一気に繋がっていったら気持ち良いだろうな。今後が楽しみです。

 

 

とりあえず次は録画を失敗しない様に頑張ります。

 

 

 

okrap.hatenablog.com