読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キニコトの釜戸

気になるコト、モノを綴る雑記です。

甲鉄城のカバネリ3話を観た(ネタバレ)師匠の無名と弟子の生駒の誕生(カバネじゃなくてカバネリ)

アニメ

f:id:watox:20160429235450j:plain

 

甲鉄城のカバネリ3話を観ました

 

 

オープニングで曲が始まる前に台詞があるんだけど、まずここが熱いんですよね。

 

「貴様!人かカバネか!?」
「どちらでもない!俺はカバネリだぁぁぁ!!」

 

で、タイトル出て曲が始まる。かっこいい。
この時点からテンション上がります。

 

前回の無名のカバネリ宣言の続きからスタート。


「結局人じゃない!カバネリもカバネも同じだ!」と無名に銃を向ける来栖、無名も「敵なら殺すと」いって来栖にビー玉のようなものを銃口に向けて投げるのですが、来栖は全然動じてない。

 

無名も来栖の度胸か実力者だと認めた様子。来栖やるやん。

 

まだ来栖の戦闘描写ないけど実力者なんでしょうか。


菖蒲の説得でとりあえず生駒と無名は村人達のいる車両に行かず今いる車両から出ないって事で納得しました。


片手でケン玉をしながら、もう片方の手で読書している無名ちゃんが可愛いすぎます。

 

生駒は前回、撃たれたり噛まれたりした怪我は完治していました。カバネリの治癒力ハンパない。やはり普通じゃないですね。

 

とりあえずのゴールが決まりました。

 

金剛郭です。

 

鰍が金剛郭って?と視聴者を代弁して聞いてくれました。

 

生駒の友達のタクミが「金剛郭は将軍家のある幕府最大の要害だよ」と丁寧に教えてくれますw

 

今後は金剛郭を目指してサバイバルしていくのでしょう。

 

早速、水も食糧も足らなくなる恐れがあるとの描写。

 

しかも金剛郭も受け入れてくれないかもしれない。嫌な予感です。

 

配給の時に鰍が配るのですが、妊婦さんにはお腹の赤ちゃんの分だとオニギリ?を特別に2つあげます。

 

鰍は優しいなぁ。

 

剣士来栖もオニギリ?を取ろうとした時に手を叩き「油まみれの手だよ!」と言い来栖は「俺の体だ!」と言うのですがそれに対して鰍が「お母さんにもらった体でしょ!」と言うのですが、ハッとしましたね。

 

確かになぁ…ってぼくも考えちゃいました。さすがの来栖も何も言い返せませんw

 


生駒の回想シーンがあり5年前に村がカバネに襲われて妹が犠牲になったとの事。襲われてたのは妹だったんですね。襲われている妹を見捨てて逃げた事。戻った時には妹はカバネ化が始まり生駒自らの手で殺した事。キツいです。キツすぎます。


生駒の手の平にある緑色の石は妹の形見だったんですね。


話を聞いた後、よくある話だよと言う無名。

 

弱い奴が死んで強い奴が生き残った。それだけの話だという。きっと生駒と同じく悲しい過去があるのでしょうか。


それにしても無名ちゃんは挑発しまくりですw

 

邪魔する奴は全て倒すみたいな、戦争するなら嫌いじゃないとか、けっこう好戦的な性格です。やってみろよ?弱いくせに粋がるなよみたいな容赦ない感じです。

 

村人たちからの家族の葬儀をしたいから弔いたいから甲鉄城を止めてくれ、これ以上離れたら祈りが届かなくなってしまうので止めてほしいと言っています。

 

ここは、グッときました。

 

生きている者は止まらずに進まなければならない、悲しむ暇すら与えてくれない無情な世界なんですよね。実際にぼくたちの世界にも止むを得ず住み慣れた所や家族の元から離れなければいけない人だっているんですよね。

 

しばらく甲鉄城に乗っていると応急処置した給水機が破れてるとのこと。

次の駅までは持たないから止まって直すみたいです。菖蒲の提案で止まってる間に一緒に葬式もやってしまう事に。

 

この給水機が壊れていると教えてくれた鈴木さんってのがまた良いキャラなんですよねw

 

「メイビー朝までには終わるでしょう」

 

お、会社で使える!いや、使いたくない!

 

サビ残やめろ帰らせろw

 

生駒や無名を危険だからと殺そうとする輩がいるのですが名前がホウキ、ヒシャク、ヤカン、タワシって適当過ぎですwあんまりだwメインキャラは名前難しいのにね、鰍とか菖蒲とかさぁw

 

巣刈みたいな奴は実は良い奴なんだろうな。
ここでも「ゲス」ですかw
「その程度の男ですよ、俺は。へへっ」
この余裕な感じちょっとカッコいい。
メインキャラ意外にも、この作品は良いキャラが多いですよね。

 

無名ちゃんはカバネに噛まれても平気だから生駒を盾にすると言いますw

 

無茶苦茶ですwもちろん、生駒も「平気なわけあるか!」と反論するが問答無用で殴られて終了w

 

結局、稽古するのですがスパルタ過ぎるwもう有無を言わさず殴る蹴る。無名ちゃんの説明も「だから、クルッと回ってチョンチョンパってやればいいだけ何回言わせるの?」みたいな感じだから全然分からないw

 

生駒の股間を蹴った時は、ぼくも目を細めてしまいましたよwもう体で覚えるって感じなんでしょうね。しかし鍛えられて強くなった生駒と無名でカバネを殲滅するシーンがきたら盛り上がるだろうなぁ。


菖蒲が甲鉄城を預かる身として誰が敵か味方かを示す為に、村人たちの前で生駒の胸を刃で刺します。生駒は左手で刃を止めて致命傷を免れました。

 

菖蒲は「何故、もう片方の手で私の服をつかみ噛んでカバネにしないのか?」と問います。

 

今回。またしても生駒の熱いセリフありました

 

この手に誓った。もう逃げたりしない。
たとえ自分が助かるためだとしても誰かの命を踏みにじってはならないと!
倒すべきはカバネだ。
カバネを倒すために俺の命はあるんだ!

 

熱い、熱すぎます。この時に後ろで流れてるBGMも盛り上がります。やっぱ生駒は主人公ですよね。生駒も無名もカッコいいです。

 

生駒 → 熱いカッコイイ

無名 → 可愛いカッコイイ

 


ぼくの中ではこんな感じですね。もうダブル主人公ですよ、最高すぎます。
ヒロインは無名ではなく菖蒲って感じなんですかね。

 

 

あと、あの首紐をシュッ〜って動作は意味あったんですね。ってか枷紐って言うんでした。あれをとるとフルスロットルでカバネの力を最大限に発揮できるとか。あの動作ほんとシビれます。外してしばらくすると呪いが回って疲れちゃうとの事でした。

 

 

村人の子どもと遊ぶ無名。子どもや赤ちゃんも懐いていてみんな笑っています。無名は色々と容赦ないけど子ども達には優しいです。子どものお母さん?達もカバネリみたいだけど無名ちゃんは大丈夫そうだね、って感じです。ちょっと緊張感あるシーンばかりだったので何だか和みますね。

 

 

無名は笑ったらお腹空いちゃったとの事です。


鰍が「団子汁あるよ」と言って用意しようとします。この団子汁がなんかうまそうなんですよね。

 

すると無名が「ありがとう。でもそれはいらない私には血をちょうだい」と爆弾発言。

 


!?

 


村人達、全員ドン引きですw

 


騒然として石を投げる村人もいます(涼しい顔をして石をかわす無名がクール)しかし何か慣れた感じです。毎回、各地でこんな風な目にあっているんだと思うと、かわいそうですよ、ほんと。

 

村人達が無名を恐れる中、先ほどの妊婦がカバネ化しました。すかさず近くにいた侍の刀を二本抜きとり、一瞬でカバネを殺す無名。疾走感ハンパない。

 


妊婦を無名が殺した後、「お腹に赤ちゃんがいるのよ!」みたいな事を言われた時の無名の悲しそうな表情が印象的でした。

 


うーん、血を飲ませろ
やはりですか…きてしまいました。

 

体はカバネなわけですからね。

 

力だけを使えるなんて都合の良い話あるかって感じですよね。血はどうするんだろう?どんぐらい飲めばいいのか。

 

心は人間とは言っても、いきなり血を飲ませてほしいと言われたら、あんたやっぱカバネじゃないっすか…ってあの村人達みたいに怖くなりますよ。また新たな問題が勃発です。どうなるのか。生駒にいたっては菖蒲を襲ってしまい見た目もカバネですwまた来栖に撃たれるのかw

 

あー!いい所で終わってしまいました。今回もかなり展開がありテンポも良くて無駄なシーンがなく最高でした。また来週も楽しみです。

 

 

okrap.hatenablog.com