キニコトの釜戸

気になるコト、モノを綴る雑記です。

映画は日本語吹替をオススメする2つの理由 吹替ナメたら損するよ!

f:id:watox:20160421232954j:plain

 

 

映画を観る時、字幕と吹替の2つがあって迷いますよね。

でも、ぼくは吹替を断然オススメします。

 


ぼくも以前は字幕版の一択でした。

 


正直に言えば吹替はナイっしょ〜wと半笑いで小馬鹿にしていたのですが海外ドラマを吹替で観てから大丈夫になったんですよね。むしろすげーじゃん!って。

 

最近は吹替版のある作品は吹替で観てます。字幕しかない作品も多いので全てじゃないんですけどね。

 

 

映画を吹替で観る2つの理由

 

 

① 画面に集中できる

 

映画を観ながら一生懸命に字幕を追ってると画面の些細な表現を見落とします。

 

伏線とかはもちろん、俳優の仕草や表現なども。全てのジャンルに言える事ですが、特にツラいのがアクション系ですよね。

 

エクスペンダブルズやトランスフォーマー観るのに字幕を追ってると激しく疲れます、むしろ字幕を追う必要ありますか?って。

 

文字がノイズになる事ありますが吹替なら画面をずっと観てられて世界観に没頭できます。特に今は3D版とかもあるし余計に邪魔だったりするので画面に集中(作品に集中する)事の出来る吹替版はオススメです。

 

 

② 情報量が多い

 

 

字幕は一度に出せる文字数の制限があります。だから観客が最小限に理解出来るぐらいに台詞を削らなくてはいけないんですよね。以前、翻訳家の人がインタビューで苦労していると聞いた事があります。下手したら作品の大事な部分も削ってるって事ですよ?

 

これはデカい。

 

時間のある時にでも試してほしいのですが、dvdなどで日本語吹き替えにして字幕はonにして観て下さい。

 

びっくりするほど、情報量が少ないんですよね。

 

字幕だと、あっさり淡白なのに吹き替えのセリフだと今けっこう大事な事言ったよな?みたいなセリフが多いんですよね、ほんとに。

 

また感情の表現なども吹き替えだと理解できるけど、字幕だと何気なくみてしまって気づかない。国が違えば感覚も違ったり独自の文化があるので字幕だけだと分からないんですよ。

 

後で調べたりしてナルホドなって気づく感じです。声からの情報ってのも、実はめちゃくちゃ多い。

 

あと、やはりプロの声優の方はすごいです完璧に合わせてきます、表現も日本人に分かりやすくしてくれているし、全く違和感なかったりする。よく考えたら見た目は完全に外人なのに日本語って、かなりぶっ飛んでるんですけど。でも、全然気にならないいんです。やはりプロってすげーみたいな。

 


たぶん字幕だけでみて完璧に作品を理解出来てる人って少ないんじゃないかな。

 

 

現に、ぼくも理解出来てませんでした。後で何度も字幕で見た作品を吹替で観て、なるほど!と納得したりです。

 

 

しかし吹き替えでも全て良いわけではないのが残念です。
プロの声優の吹替は良いが芸能人やタレントは下手な場合が多い。宣伝の為かもしれないけどせめて上手な人にしてくれ!とハズレくじを引いた時は1日ゲンナリします。

芸能人でも上手い人はいるので後でまとめます(森久美子とか、バナナマンの2人とか)

 

では逆にどんな時に字幕か?

 

まずは字幕しか無い時ですね。

 

字幕はどちらかと言うと本を読んでる感覚に近いです。

 

あと、役者のリアルな声じゃなきゃ嫌って時ですかね。あんまりないんですけど。
アクション以外、ドラマも吹き替えは良い感じです。

 

「最強の2人」って映画があるんですが、フランス語なんですけど、吹き替え版だと印象がガラッと変わります。フランス語のオリジナル版は何かシャレた感じだけど、日本語吹替にすると一気にコメディっぽくなたりして面白い。また、吹き替えで悪ノリして「マジっすか?」みたいなセリフ入れたりして。

 

「最強の2人」は字幕も吹替のどちらも良さはあるんですけどね。

 

そんなわけで吹替はオススメです、映画を観る時は吹替もみてね〜って話でした。