キニコトの釜戸

気になるコト、モノを綴る雑記です。

小説みたいな日本のヒップホップを選んだ(ヒップホップは文学だ)

小説みたいな日本のヒップホップ

 


ぼくはヒップホップをよく聴くのですが
聴く小説の様な言葉が詰め込まれたヒップホップみたいなのが好みです。

 

どうしてもヒップホップを聴いてるって言うとDQNの音楽?みたいなイメージが今だにあったりすのですが、それだけでは無いです。

 

確かにそんなのも沢山あります(ちなみにそんなDQN的ヒップホップの聴き方にもコツがあり角度を変えて聴いてみると素晴らしかったりします。この辺りは話がそれるので別の機会にでも書きたいと思っています)

 

で、小説みたいなヒップホップって何だ?って事ですが朗読っぽいのだったり、

文学的であったり、言葉が詰め込まれたものです。

 

特にぼくが気に入っている曲を並べていきます(並び順は関係ありません)

 

 

THA BLUE HERB

 

 

聴く小説みたいなヒップホップに相応しい一発目として 

ブルーハーブの「路上」と「未来世紀日本」です。

本のジャンルで言えば前者が海外文学、後者がSFって感じです。

ラップするボスの声は重みがあって言葉が良く響く。

訛っていて、それもプラスになってます

 

 漢

 

 

本でいえばノンフィクションまたは実録24時みたいなリアルな怖さがある。
言葉を詰め込むスタイルなので情報量も多い。

漢が頭のMSCも裏稼業っぽい危険な感じがあって緊張感が漂っていてヒリヒリします。

  

 

ZORN

 

 

 

もしかしたら今一番好きかもしれない。「MY LIFE」の様に今いる現実の視点を気取らずに歌うのが逆にカッコいいです。

声も独特で言葉もおもしろいし、韻もとても気持ちよい踏み方をしています。

 

 

志人

 

 別格の世界観です。

なめらかに歌うようなラップが気持ちよく志人の声も落ち着いていて言葉が自然と入ってきます。おぼうさんのお経みたいですが韻もしっかりと踏んでいて自然の事だったり自分の内側との対話だったりと、かなり深いとこまでイッてます。

 

 

あるぱちかぶと

 

 

高速、高音のラップだがうるさくないです。
タイトルの聴く小説として最も近いのが「ある1日」です。ある男の誕生から死を

ものすごい情報量と言葉で紡いでいてスゴいし何か泣けるんですよね。

 

 

soul scream

 

 eggmanとhabの2MC。どちらも巧いです。

「蜂と蝶」は傑作。ちょっと前のレジェンドなグループなのですが今聴いても余裕で耐えられます。むしろ他を寄せ付けないオリジナリティーと言葉達。

 

 

 獄中で読書に目覚めたラッパー

文学的なパンチラインが随所に出てきてオッとなります。
福島や港町、地方の寂しさを良く表現していてすごい。

 

 

 ECD

「まだ夢の中」は色々と考えてしまう。そんな風に思わせる傑作。


meiso

 

ハワイの人だけど、日本語が堪能だし面白い事をたくさん言っている。

買ってはいけない」は資本主義社会を強烈にdisっていて面白いです。

 


GOMESS

若手で、こじらせてる感はあるが逆にそれが良い。ラッパー版の太宰治って感じです。

ってタイトルで人間失格でしたw